TOP > GLASS > ルネ・ラリック 聖母とイエス

ルネ・ラリック 聖母とイエス





フランス ルネ・ラリック 1934年 vierge a lenfant 聖母とイエス の立像です。ルネ・ラリックのキリスト教美術のなかでも最も大型のもののひとつで、しかもマリア像ということもあって、お好きな方が多いお品ですね。台座を含めると高さが37cmにもなります。重さは2kgまでのキッチンスケールでは測定不能で、体重計で測定するほど重いのですが、体重計では2.90kgでした(あまり正確でないかもしれません)。たいへん存在感のある作品ですが、マリア様のお顔やイエスの表情、長いドレープの襞など、見所も多い作品です。側面にR.LALIQUEのサインが刻印されています(写真)。問題になるような傷もなく、すばらしい状態です。写真撮影では、後ろから光を当てて何枚か撮影してみましたが、ご自宅でも、いろいろディスプレイに工夫されたらいかがでしょうか。ラリックの作品のすばらしさは、光でどのように変化するかも楽しみのひとつですね。この作品は50年代にも制作されていますが、やはりルネ・ラリックの時代の作品の持つ造形のすばらしさは特別のものと感じます。
販売価格 380,000円(税込)




この商品について問い合わせる
買い物を続ける