TOP > GLASS > ルネ・ラリック アンブレ・アンティーク香水瓶

ルネ・ラリック アンブレ・アンティーク香水瓶





フランス ルネ・ラリック 1910年 コティ社のためにデザインされた香水瓶です。コティ社のアンブレ・アンティーク「古代の琥珀」という香水のためにデザインされたもので、4人の女性が薄絹を纏った姿が美しい作品です。ラリックがコティ社のためにデザインした3作目の香水瓶であり、初期の作品です。それまでの宝飾品中心の製作から香水瓶へと移行するラリックのデザインの流れが窺えるような素敵なデザインですね。フロストのガラスの本体にブラウンのパチネが美しくのせられています。問題となるような傷もなく100年以上の時を経て、素晴らしい状態です。キャップも問題なく、パチネもしっかりしています。キャップの底の部分には1ミリほどのチップが2か所ほどありますので、拡大写真でご確認ください。R. LALIQUEのサインもきれいに刻印されています(写真)。高さ約15僂曚匹任后キャビネットに飾っても存在感のある大きさです。ポーラ美術館はじめ、ラリックの作品展では欠かせない作品ですね。
販売価格 0円(税込)


この商品について問い合わせる
買い物を続ける