TOP > ART NOUVEAU & ART DECO > アールヌーボー 一輪挿し WMF 補修あり

アールヌーボー 一輪挿し WMF 補修あり





ドイツ WMF c1900年頃 ピューター 一輪挿し です。アールヌーボーの頃のもので、美しいお品です。高さ約22cmほど、ガラス部分が約20cmほどあります。ピューターのケースは、美しいアールヌーボー調の模様で、その時代ならではの雰囲気が楽しめます。ガラスが残っていたのは、本当にラッキーですね。大体は、ガラスが壊れてしまっているものですが、このお品はオリジナルのガラスが残っていました。ケースのベース部分の脚は、ネコ足で、これも面白いです。ただ、脚の一つが失われていて、レジンのような物で補修されています(写真)。ちょとぼってりした感じになっています。ベースの底部分もレジンで埋められていますが、WMFのマーク部分は見えるようになっています(写真)。ガラスの形状と模様もいいですね。口部分は波状になっていて、しゃれています。ちょっと見では判りませんが、ごく小さな欠けがあります(写真)。拡大写真でご確認ください。よーく見ないとわからない程度の傷ですので、実用的には問題ないと思います。WMFの製品で、オリジナルのガラスの残された一輪挿しは、本当に珍しいです。古道具として楽しんでいただける方に・・・補修がありますので、写真をよくご確認ください。
販売価格 8,800円(税込)




この商品について問い合わせる
買い物を続ける