TOP > ROYAL WORCESTER(WILLIAM POWELL) > エッグカップ Kingfisher(カワセミ)

エッグカップ Kingfisher(カワセミ)





ロイヤルウースターでは、アーティスト(絵師)の個性を尊重する風土がありましたが、そのアーティストのなかでもウイリアム・パウエルは独自の位置づけを確立したひとりとして名を残しています。特に、イングランドの小鳥のペインティングには定評があり、「パウエルの鳥」としてコレクターアイテムとなっています。このコーナーでは、パウエルの作品を紹介していきます。
パウエルの描くenglish little birdのなかでも、一番人気のあるのは、何といってもカワセミです。その美しさ、可愛らしさをたいへん絵付けの難しいと思われる形のエッグカップに表現した・・・たいへんレアな作品です。英国のパウエル人気はたいへん高く、それなりのアンティークショップは小さなプレートなどを持っているものですが、このようなエッグカップ、それもカワセミという組合せに出会うことはたいへん難しいと思います。1938年から1943年頃の作品で、1900年から1950年まで活躍したパウエルにとって、充実した時期の作品といえるでしょう。径9.7cm、高さ8.7cm。リムに沿って一部に細かな貫入があります。
販売価格 0円(税込)


この商品について問い合わせる
買い物を続ける