TOP > ROYAL WORCESTER(WILLIAM POWELL) > ひとり用ポット King fisher (カワセミ)

ひとり用ポット King fisher (カワセミ)





ロイヤルウースターでは、アーティスト(絵師)の個性を尊重する風土がありましたが、そのアーティストのなかでもウイリアム・パウエルは独自の位置づけを確立したひとりとして名を残しています。特に、イングランドの小鳥のペインティングには定評があり、「パウエルの鳥」としてコレクターアイテムとなっています。このコーナーでは、パウエルの作品を紹介していきます。
英国では、パウエルは大変人気があるため、骨董店ではパウエルの作品はケースに入れられて大事に展示されていますが、それでもピントレイ程度の小品がほとんどで、このようなティーポット、それも絵柄として最も人気のあるカワセミとの組合せの作品に巡りあう機会は稀です。1938年から1943年頃の作品で、1900年から1950年まで活躍したパウエルにとって、充実した時期の作品といえるでしょう。高さ約14.5cmのとてもかわいいポットです。全体に細かい貫入があります。また、写真でもおわかりのように染みがあります。たいへん珍しいお品です。
販売価格 0円(税込)


この商品について問い合わせる
買い物を続ける