TOP > GLASS > 19万円を14万円に・・ナポレオン3世様式リキュールケイブ c1850年

19万円を14万円に・・ナポレオン3世様式リキュールケイブ c1850年





セール価格です。

フランス c1850年 ナポレオン3世様式(1848年から1870年)リキュールケイブ です。華美で装飾的、シノワズリの影響を感じさせる黒い塗装、そして螺鈿風の装飾(マザーオブパールの小さな象嵌も入っています)と、ナポレオン3世様式の特徴を余すところなく身にまとっています。その年代の推定は、グラスとカラフのメーカーからも確かなものです。グラスの底には薄くなっていますが、PORTIEUXのマークが入っています。このメーカーはフランスでも最も古いガラス工房のひとつで、1705年に創業しています。1872年には他のメーカーに合併されていますので、この作品はそれよりも前の製品です。グラスは16個あったのですが、5個失われて、11個になっています。カラフは4本で、キャップはオリジナルです。ガラスの状態はすばらしいものです。グラスの高さ7.5cm、口径3.3cmで、カラフは高さ20cm、底の径6cmです。このようなリキュールケイブは、お嫁入りの道具として造られたものが多いそうです。このお品も、大事に仕舞われてきたものなのでしょう。写真で示しましたが、横の扉のところにわずかに表面的なヒビがある程度で、全体にたいへん良い状態です。鍵も付いているのは、本当に珍しいです。鍵もちゃんと機能します。グラスとカラフはブラス製のラックに収まるようになっていますが、グラスはステムの最も細い部分を合わせて入れますが、どこにでも入るわけではなく、このグラスはここでないと入らない、というように入れる時にはちょっと苦労しますが、必ずすべて収まります。それだけ手作りで計算されて造られているのですね。ケイブの大きさは、32 X 24 X 26(高さ)cmで、蓋を開けた状態ですと、高さ45cmあります。初めてリキュールケイブに出会った時から、欲しい!!という想いがいつもあったのですが、状態の良いものは本当に少なくて・・・この機会にどうぞご検討ください。
販売価格 140,000円(税込)




この商品について問い合わせる
買い物を続ける